35歳を過ぎると妊娠しづらくなる

 

私たちは当然当たり前のように年齢を重ねていきます。

年齢を重ねていくと体が衰えるように妊娠力も加齢とともに衰えてしまうんです。

 

一般的に35歳をすぎると妊娠率がぐっと低下することが言われています。

これは妊娠に必要な卵子の質が加齢と共に低下することが原因あんです。

卵子は加齢と共にその数が減っていき、質も年齢とともに下がることがわかっています。

年齢を重ねるごとに妊娠しづらくなるるのはこのためです。

 

ですから妊娠にはタイムリミットがあるのも事実なんです。

 

加齢でシミやシワあんどが増えるように卵子も老化していきます。

見た目が若いからといっても年齢を重ねるごとに卵子は確実に老化していくという事実をしっかりと意識することが大切です。

 

 

男性の年齢も関係あります。

 

不妊は女性の悩みという認識がありますが、実はその認識は間違いです。

妊娠というのはどちらかが一方が駄目だからというものではなくお互いの協力があってはじめてできるものだからです。

 

不妊治療の専門家の研究によると男性の精子の力も35歳を過ぎると落ちるということがわかっています。

精子の老化は不妊とも密接に関わっているんです。

不妊に悩んでいたらどちらに原因があるのか専門機関を受診して問題をはっきりと理解することが必要です。

 

 

近年は晩婚化がすすみ、不妊に悩むカップルも増えていますので

自分の年齢を考慮して、前向きに妊活を進めると良いでしょう。